読書ノート用にミドリのMDノートを買ったさ

Midori md note R0002597

 「書き心地が良い」と定評があり、読書ノートにおすすめとのことでミドリのMDノート(文庫サイズ・方眼)を買ってきました。

 京都で買うならば河原町のLOFT(ロフト)が品揃え良くていいですね。読書ノートやメモに適しているノートはいくつかありますが、個人的にこのMDノートがデザインや利便性で気に入りました。

スポンサード リンク

MDノートのレビュー

用途別に3冊購入

Midori md note R0002598

 今回3冊同じモノを買いました。ただのストック用でも、使用・鑑賞・布教用の3冊でもなく、今すぐ使うためです。用途別に並行して3冊使用します。

 これまでこのブログを読書ノート代わりに使っていたのですが(と言っても数記事)、これは非常に効率が悪い。本1冊読んですぐにはブログ記事1つは書けません。せいぜいツイッターで2回投稿するぐらいの量です。そんな無意味なことに労力を使うことはやめて、今後は読書ノートでこそこそと読書記録をつけていこうと思います。

 使い分ける用途については後述します。

 「書き心地」には理由がある

Midori md note R0002599

「書き心地」には理由があります。

 そういうキャッチフレーズが付いているのですが、紙の色が目に優しくインク映えることと、糸がかり製本でフラットに開きやすいという点です。

 無罫、横罫、方眼罫の3種があるのですが、方眼罫のノートは無罫よりもガイドがあって、横罫よりも自由度が高くて書きやすいです。『頭のいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』という本も出ており、僕は読んですらいないのですが、経験から言うと本のタイトルには同意です。

 サイズも文庫、新書、A5、A4とラインアップ。1ページに情報を多く書くならばA5がいいのでしょうが、持ち運びと収納を考えると文庫サイズが1番サイズ感がいいです。A4はあまり供給が少ないのか店に置いていなかったし、コスパも悪いですね。

いざ開封

Midori md note R0002600

 袋を開けた時点で表紙にカバーがしてあります。トレペみたいな紙で、これをかけたままだとガサガサしてうるさいですし、扱いにくいです。おそらく出荷時の梱包的なカバーでしょう。外して捨てます。

Midori md note R0002601

 インデックスシールが付属しています。デフォルトで「IDEA」「DIARY」があり、何も印字されていないシールが1枚あります。あとは表紙に貼る用のシールですね。

Midori md note R0002631

 表紙にシールを貼ると何だかうるさい感じがするので、外から見分けられる様に1枚だけペタリと。裏表紙にかけてぐるりと貼ります。棚に置いた時に見分けがつくように背表紙部分にもわかるように書いておくとベター。貼る前に書くことをおすすめします。

 生活で使える知恵を「IDEA」、実務用知識用を「IDEA B」、自分発信のものを「DIARY」と分類。背表紙にはそれぞれ「I」「B」「D」とだけ書いて見分けられるようにしました。

Midori md note R0002606

 中はこんな感じ。方眼ノートは字の大きさとかスペースの使い方などが結構自由なのでいいですね。書きやすいです。紐もついていますので書いている途中のページにすぐアクセスできます。

Midori md note R0002632

 せっかくなので書いているページも。ボールペンはサラサの0.4mmを使ってます。ゲルインキでも滲んだり伸びたりしない紙質ですよ。

 こういったメモは鉛筆やシャープペンよりもボールペンの方がいいです。と言うか勉強などでも可能な限りボールペンがいいです。鉛筆やシャープペンは筆圧かけないといけないので長時間書いていると腕が疲れますし、書き味も変わります。

使い分ける3用途

 3冊買ったのは用途別に分けるためです。生活で長く使える知恵用、実務で使う知識用、本からではなく自分の頭から出てきたアイデア用です。

 生活で長く使える知恵というのは、偉人や知識人が書いている本から得られる、生活で役立つ知恵です。「長く使える」というのはこれから使うというよりも、ずっと昔から言われているが陳腐でないという点を重視します。新しいに超したことはありませんが、中古で買った古い本の引用であっても問題はありません。

 実務で使う知識用。これは自分の仕事で使う知識です。僕の場合は福祉、経営、ITってところですね。実務で使う知識というのは生活の知恵とは違って日進月歩。どんどんアップデートされていきます。10年前の本を読んで得た知識は、現在では使えないものになっているなんてことはざらです。必ず新刊で買って、最新の情報を書き入れていきます。

 あと1つは読書とは関係ありませんが、自分の頭から出たアイデア。ふと思い浮かんだら書き留めます。この3冊を並行してページを埋めていき、相互に情報を補完していくというのが理想です。そこそこ時間が経ったら読み返してみて、再度議論をするという感じですね。

 1冊書き終える頃にはかなり時間がかなり経ってますから、それから読み返すのが楽しみですね〜。

スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です